文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム事業紹介倉庫保管

事業紹介

倉庫保管

全農物流は、自社倉庫を核に全国各地の約100社の協力倉庫会社との連携による全国レベルの倉庫事業を展開しています。倉庫には、常温倉庫と米の保管に必要な低温倉庫がありますが、米の保管が多い当社は、低温倉庫の低温・低湿管理による品質保持体制を整えています。
また、多様化するニーズに応えるために、冷凍・冷蔵(チルド)倉庫による冷蔵倉庫事業に取り組んでいます。

普通倉庫・低温倉庫

全国11カ所の自己倉庫(北海道苫小牧市、宮城県大衡村、秋田県秋田市、秋田県横手市、埼玉県久喜市、茨城県大洗市、茨城県神栖市、新潟県東港、愛知県名古屋市、兵庫県神戸市、佐賀県鳥栖市)を拠点に、主に米穀を中心として、飼料・園芸品など年間60万トン(入庫トン数)の物資を取り扱っています。

冷蔵事業

当社は、神戸市の中心部に、保管能力2万トン(延床面積17,400平方メートル)の最新設備を備えた冷蔵倉庫を所有しており、ここで、通関業務・加工包装・検品・仕分け・小口トラック配送……といった、多様なサービスを提供しています。今後、保管型倉庫から物流情報配送センターへの転換を進め、事業基盤の確立をはかっていきます。